個人事業より会社設立を目指すべき理由

個人事業よりも会社設立のほうがよい

事業を始めようとするときに、誰でも思いつくのが個人事業主として事業を始めて、軌道に乗ったら会社化するということですが、それは意外と手間がかかります。
それよりも、最初から会社として事業を始めたほうが多くのメリットを受けられます。

信用がある

会社は個人事業に比べて会社というだけで信用があります。
信用の有無は、金融機関から融資を受けられるかどうかを左右するほど重要なものです。
会社の場合、登記を見ればその会社のことを知ることができますが、個人事業の場合、登記で確認するといったことができませんので、信用の裏づけがないということになります。

責任が限られている

会社の場合、株主が会社に出資を行いますが、株主は出資の範囲内で責任を負うだけですみます。
事業主が株主を兼ねる場合、会社が負債を抱えても、事業主がその負債を個人の資産で返済する必要がありませんが、個人事業の場合、事業の負債を個人で返済しなければいけません。

節税できる

会社の場合、個人事業よりも税制面でも有利になります。
売り上げにかかる税金を見ると、会社の場合、法人税がかかりますが、税率が一定です。
個人事業の場合は、所得税ですので、税率が累進課税となっています。
そのため、売り上げが増えれば増えるほど、会社のほうが払う税金が少ないことになります。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>